Redmine導入 part2

MySQLとRedmineの設定とか。

■mysql

Redmine用データベースとユーザーの作成
例)
データベース名 redmine_db
ユーザー redmine_user
パスワード foobar_hoge

mysql -uroot -p
mysql> create database redmine_db default character set utf8;
mysql> grant all on redmine_db.* to redmine_user@localhost identified by 'foobar_hoge';
mysql> flush privileges;
mysql> \q

vimといったエディタで /etc/my.cnf を開き、
[mysqld] セクションに character-set-server=utf8 を、
[mysql] セクションに default-character-set=utf8 を追加する。

[mysqld]
datadir=/var/lib/mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
user=mysql
# Disabling symbolic-links is recommended to prevent assorted security risks
symbolic-links=0

character-set-server=utf8

# 任意設定
innodb_file_per_table
query-cache-size=16M

[mysqld_safe]
log-error=/var/log/mysqld.log
pid-file=/var/run/mysqld/mysqld.pid

[mysql]
default-character-set=utf8

■Redmine

http://www.redmine.org/projects/redmine/wiki/Download
上のリンクから扱う環境に合いそうなバージョンを落としてくる。

# curl -O http://www.redmine.org/releases/redmine-2.5.3.tar.gz
# tar zxvf redmine-2.5.3.tar.gz
# cp -apr redmine-2.5.3 /var/lib/redmine
# cd /var/lib/redmine

データベースへの接続設定
Redmineからデータベースへ接続するための設定を記述したdatabase.ymlを作成。

# vim /var/lib/redmine/config/database.yml

production:
  adapter: mysql2
  database: db_redmine
  host: localhost
  username: user_redmine
  password: ********
  encoding: utf8

設定ファイルconfiguration.yml の作成
Redmineからメールサーバへ接続するための設定や日本語フォントファイルのパスを記述した設定ファイルを作成。

# vim /var/lib/redmine/config/configuration.yml

production:
  email_delivery:
    delivery_method: :smtp
    smtp_settings:
      address: "localhost"
      port: 25
      domain: 'example.com'
  # フォントの指定
  rmagick_font_path: /usr/share/fonts/ipa-pgothic/ipagp.ttf

Gemパッケージのインストール
アプリケーションが必要とするGemを一括してインストールできるツール、bundlerを使用してRedmineで使用するGemをインストールします。Redmineのインストールディレクトリ/var/lib/redmine/以下でコマンドを実行。

# bundle install

Redmineの初期設定とデータベースのテーブル作成
セッションデータ改竄防止用鍵の生成とテーブル作成を行います。Redmineのインストールディレクトリ/var/lib/redmine/以下でコマンドを実行。

# bundle exec rake generate_secret_token
# RAILS_ENV=production bundle exec rake db:migrate
# RAILS_ENV=production bundle exec rake redmine:load_default_data

デフォルトの言語を選ぶプロンプトが出るので `ja’ と入力して「Enter」
※RAILS_ENVでerrorが出たりするのは、体感的にdatabase.ymlの記述を間違っている場合が多し。

最後にこんなPost-install message from rmagick:メッセージが出た場合、
# gem install rmagickと素直に従う。

お次はPassengerのインストールとか